PCが不調になった時の解決法に私が迫った!

私たちの生活に欠かせない存在となったPCは複雑でわかりにくいため、家電や車など工業製品の中で不調になった時の困り度はかなり高くなります。何が原因でこうなったか目視でわかりにくく、修理に経験や専門知識が求められるでしょう。先日私がPCを使っていて不調になった時の経験を含めて解決法をお話し、あなたが持っているものがそうなった時のお役に立てたらと思います。
私は深夜のPC不調は初めての経験でExcelの入力作業を終えてキーボードの文字がまったく打てず、原因はShiftキーを8秒長押しして表示された今まで見たことがないウィンドウに適当に設定したからです。試しにワイヤレスキーボードを有線式に交換・接続しても同じ症状になり、もう1台のPCは問題なく使えて壊れてないと検証できました。
休憩に近所のコンビニへ散歩に出かけながら考えたのでした。Windowsの設定によるものなら、段ボールに入れたPCを折り畳み式カートに乗せて専門店へ運んで行くか自分でネットから解決策を調べつつ正しく設定しなければなりません。思い切ってCドライブにインストールされているWindowsのデータを再セットアップすることで初期化すればいいという答えを導き、約20年に渡って収集・保存している18万件もの画像データは消失しないです。思い切ってDドライブ内を初期化しました。
インストール前に誤って大切な画像データを保存しているDドライブを消さないよう、HDDに接続しているケーブルを取り外したのでした。以前、これをし忘れてインストールした経験を持っていて今回は欠かせません。
Windowsのインストールは手慣れたものでネットへ接続のため、SSIDの入力が必要でルーターの側面に貼られたシールに記載されたものをA4サイズのルーズリーフノートに書き写してあるのです。デスクトップアイコンがゴミ箱とブラウザだけしかない画面はWindowsのインストールをすませてまっさらになった証拠になります。使いやすいようにアプリのインストールや設定された+の部分とそうでなくなった-の部分がともにあり、±0といった状態になるでしょう。そのためにキーボードが問題なく使えるようになりました。
PC不調の際の難しいところは原因が物理的損傷と呼ばれるパーツが壊れたことか設定によるものなのかになり、購入してメーカー保証期間内ならサポートへ電話か問い合わせフォームを利用するといいです。私はメール送信できなくて詰まっている症状の際にPCをメーカーへ送ったことがあります。
ドライブ内はWindowsのデータのほかにWordやExcel、画像ファイルなど大切なものあって定期的に調子がいい状態のバックアップを取ることがオススメでしょう。
Cドライブを高速・大容量化するためにHDDの交換は欠かせません。転送速度が明らかに速いSSD化した際はWindowsのインストールから始まり、アプリケーションのインストールや設定のほかに大切な画像などデータの移行作業の練習として慣れておくと恐怖心を克服できるはずです。思い切って1度取り組んでみませんか。
テックアカデミー コンテスト