日本的経営及び私が勤める企業の簡単な説明

日本独特の経営慣行のことであり、戦中戦後に形成され、高度経済成長期からバブル経済崩壊までに実践されていたものである。現在、崩れつつあるが、未だに考え方や就職行動が慣習として残っており、日本的経営の三種の神器と言われている、「終身雇用」「年功序列」「企業内別組合」である。終身雇用は、新卒者が企業に就職すると、途中退職することなく定年まで
勤め上げる制度であり、日本の正社員雇用における長期雇用慣行である。年功序列は、企業において金属年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・習慣のことをである。年功序列制度は、労働者の技術や能力が年齢と共に蓄積され、最終的に企業の成績に反映されるという考え方に基づいている。企業内別労働組合は、企業ごとに常勤の従業員だけを組合員として組織する労働組合のことで、組合員となるには企業との雇用関係が必要であった。アルバイトやパートは含めず、横断的な組合である職業別で組織されている諸外国と大きく異なっている。私が務めている企業は、年功序列が色濃く残っており、経験のみの年長者が管理職のポストに就き、能力の高い若者が高いポストに就けず、賃金も安く抑えられており、若者のモチベーションが上がらず、近年、若者の離職率が高く歪な年齢構成の企業になっている。
大学生 プログラミングバイト