「鏡開き」と「どんどん焼き」

鏡開き」とは、年神様の住まいであった鏡餅を割って食べることです。鏡開きは一般的に1月11日(関西など一部地域では1月15日)に行われる。この日は松の内が終わり、仕事始めの日である。
年神様が残した鏡餅には一年の魂が宿ると考えられており、おせち料理のお雑煮の意味開いた鏡餅をお汁粉に入れて食べ、一年の無病息災と幸福を祈ります。
また、お正月が終わると、年神様をお招きするために飾っていた門松や注連縄の飾り(正月飾り)を片付けますが、その処分方法に困ったことはありませんか?ただゴミ箱に捨てるのは気が引けますよね。
ちゃんとした捨て方があるんですよ。ちゃんとした捨て方があって、それは「どんど焼き」(ザギンナガ)と呼ばれています。住宅地の多い都市部ではあまり見られなくなりましたが、地方や郊外では子供会のイベントとして行われることが多いようです。小正月の前夜である1月15日か、14日に行われることが多く、子供たちが町内の門松や注連縄の飾りを集めて一か所で燃やすのが特徴です。
子供たちが町内の門松やしめ縄の飾りを集めて一か所で燃やします。門松やしめ縄の飾りを燃やすのは、炎で年神様を送り出すためです。また、炎が高く燃えれば、書道が上達するとも言われています。
しかし最近では、近隣の環境問題を考慮して、正月飾りを燃やさない地域が増えてきました。正月飾りを捨てるときは、アルコールや塩などで浄化し、新聞紙に包んで一般ゴミとして出すといいでしょう。
携帯電話やテレビ、インターネットなどが驚異的なスピードで発展し続ける時代です。そんな時代に生きる私たちにとって、「お正月」は日本の伝統や昔の暮らしを体験できる数少ない機会なのです。
お正月は、家族にとって大切な行事であると同時に、私たちが古来より大切に受け継いできた日本人の原点を感じることができる行事でもあります。自国の文化を正しく理解し、それを楽しみながら次のお正月を迎えましょう。